桁違いの的中率には理由があった。勝ち続ける孤高の男『競馬王』のブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阪神内回り2000mって持久力が問われますが

逃げ馬と2番手が少し後を離してたとはいえペースは比較的落ち着いて、

後続のペースはさらにゆったりで、持久力はあまり問われなくて

瞬発力がある程度要求されるレースだった⇒人気ブログランキング

勝ったディアデラマドレはメンバー中最速の上がりで快勝!

この馬は瞬発力が武器なんで阪神内回りじゃあまり持ち味活きないタイプなんだけど、

穴馬情報

展開が落ち着いて瞬発力が活かせる競馬になったのと、

直線長いコースなら、さらに相手が強くなっても全然やれそうですね。⇒競馬情報


追記を閉じる▲
スポンサーサイト

ココでは日曜重賞のマーメイドSについて

明日の天気は晴れらしく梅雨の晴れ間に

開催され気分が良く日曜の2重賞は

波乱含みですので結果を出たいですね⇒人気ブログランキング


1番人気はディアデラマドレは

ディアデラノビアの娘で血統的人気も加担

33秒台の脚で差し込むイメージですが

それでも内回りよりも外回り向きの馬ですので

そこが人気かもしれません⇒穴馬情報







2番人気はフーラブライド


実績は間違いなくコノ馬が1番で

ヴィクトリアマイルは大きく崩れましたが

イン有利の馬場で大外枠からのレースは走る前から

かなり無茶な挑戦だったようにも思います

ココは適性ばっちりですが

56キロを背負う事がどうでるかですね⇒競馬情報



追記を閉じる▲

マーメイドS・エプソムCの勝負気配について考えます

勝負気配はどの陣営も強いことが大前提

その中で走らせる側の意図をくみとり

騎手の配置やローテーションから見抜きたいですね

そういう意図を知る上で重宝するのは⇒人気ブログランキング


前走の阪神牝馬Sでは後方からの試し乗りや

本番での何が何でもの無料情報を知って

より高い自信を持ってに穴軸としてご提供できました⇒穴馬情報


安田記念のショウナンマイティの復調も把握していて

裏で出回っている新聞には掲載していない情報の入手⇒競馬情報


追記を閉じる▲

G1が2週休みで次のG1宝塚記念が春の最終のG1

ヘンティルドンナ・ゴールドシップ・ウインバリアシオンの対決で

ジャスタウェイの参戦は安田記念の激闘でしたが

最後のG1はしっかり決めてサマーシリーズに突入したいです

人気ブログランキングへ

来週からのサマーシリーズを良い流れのままで迎えるためにも

今週のマーメイドS・エプソムCはかなり重要で

荒れそうなメンバー構成は

谷間重賞でもヤル気になるには十分すぎるレース

上半期残り3週は安田記念のジャスタウェイ並みの

しぶとい追い込みを期待です

穴馬情報





確かに重賞で好走しましたが

フラットな条件で判断すればハンデは重いはず

馬場悪化で浮上するはずですが

穴人気もするでしょうし現段階では

妙味は少ない馬と判断しておきます

競馬情報


追記を閉じる▲

安田記念のジャスタウェイは予想通り強かった

恐らく今までで1番質素ななパフォーマンスでの勝利でしたが

1番価値のある勝利だったのではないでしょうかね⇒人気ブログランキングへ
競走馬(種馬)に必要な勝負根性で勝ったG1

ステイゴールド級の勝負根性と

ウオッカ級の競走能力というのが今の評価です

穴馬情報







安田記念のお話ついでに書けば

10番人気3着でオッズ異常馬の

ショウナンマイティは激熱と表現してご紹介

激熱の所以は10番人気での売れ方(ジャスタウェイへ)ではなく

2,3番人気かと間違える程のヤリ票だったから

雨の影響で馬場巧者票だった可能性も高いです

競馬情報



追記を閉じる▲

春のマイル王決定戦、第64回安田記念(GI)は8日、東京競馬場(11R、芝1600メートル)で17頭が出走して争われ、1番人気のジャスタウェイ(柴田善臣騎乗)が1分36秒8で優勝し、重賞4連勝でGI3勝目(ともに海外含む)を果たした。



人気ブログランキングへ

中団の内側でレースを進めたジャスタウェイは最後の直線で前が壁になり、馬群をなかなかさばけない苦しいレースになり、先に馬群を割って先頭に立ったグランプリボスと接する激しい追い比べとなり、かろうじてハナ差先着し、このレースを初めて制した。3着には昨年2着のショウナンマイティが入った。 ⇒穴馬情報

鞍上の三浦騎手はNHKマイルCが17人気のタガノブルグでクビ差2着でした。う~ん、惜しい・・・

競馬情報


追記を閉じる▲

さて、いよいよ明日は安田記念が始まる。

勝ち得制度があった昔よりも、信頼度は下がるかもしれなが、降級馬は
強い。特に夏競馬が開幕してしばらくはまあまあの強さを発揮する。

というのも、春先より夏番組のことを頭に入れながらの仕上げてくるからだ。

クラブや大手個人馬主は勝つ馬が欲しいし勝って欲しいと考える。⇒人気ブログランキングへ

弱小馬主はある程度稼ぐ馬が欲しい。勝ち上がることよりも能力が見えた
瞬間に長く引っ張りたいのだ。

それは人間の親にも似ている。赤ん坊の頃は誰もが、この子は人よりも頭がいいんじゃないか
と願うもの。もちろん、育成の段階でそれなりには出来るのだが、それでも
リーディング上位騎手が乗ってくれるという日は
前日から遠足の前日の子供のように寝られなくなるもの。

穴馬情報


新馬戦からかなり仕上げて出て来ることが多いので、例え負けても
未勝利戦で3戦目くらいまでは狙った方がいい。もちろん、ほとんどこのパターンでは
ないかも知れないが、普段よりも高い馬に込められた期待度は高いのだ。

競馬情報



追記を閉じる▲

ここでは安田記念の勝負気配について考えてみます。

勿論G1なのでどの馬も勝負気配は強いことがあたりまえ

その中で走らせる側の意図を

騎手の配置やローテーションからとらえたいですね

そういう意図を知る上で重宝するのは⇒人気ブログランキングへ

ヴィクトリアマイルの11番人気で

1着のヴィルシーナの

前走の阪神牝馬Sでは後から気合を入れるための試し乗りや

本番での積極策をココの無料情報を知りました⇒穴馬情報


日本ダービーでは内枠に入った事で松岡騎手が

狙っているとの情報を知りました・・・・・⇒競馬情報


追記を閉じる▲

安田記念は、上半期のマイル王者決定戦として数々のドラマが繰り広げられてきた。近年の結果を振り返ると、2006年は香港馬ブリッシュラックがトップ、2008~2009年には女傑ウオッカが連勝をした。2011年にはリアルインパクトがグレード制導入以降では初となる3歳馬による優勝を成し遂げている。⇒人気ブログランキングへ
連覇した2頭のほか、古くはニッポーテイオー、近年でもストロングリターンが前年惜しくも2着の雪辱を果たすなどリピーター率の比較的高いレース。昨年2着の本馬の父マンハッタンカフェは、京都新聞杯3連覇、愛知杯3勝、シンザン記念と大阪杯で連覇を記録する「高リピート」のサイアー⇒穴馬情報

本日は安田記念の血統からの結論を公開します


競馬情報



追記を閉じる▲

福永騎手が4日間の騎乗停止になりました。
そのため予定していた安田記念のジャスタウェイの騎手が
現時点で未定となっています。

人気ブログランキングへ

ジャスタウェイの前走はドバイデューティーフリーで
世界の名だかる馬を相手にすさまじい勝利をしている。
今では世界トップクラスの馬です。

穴馬情報

こんな素晴らしい馬に乗れるチャンスはほとんどないでしょうから
空いている騎手には願ってもない状況なわけです。
誰が乗るのか楽しみに待ちたいと思います。

さて、安田記念のデータを見ていきましょう

競馬情報


追記を閉じる▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。